ニューヨークで住まいを定める マンハッタン・アップタウン編


【監修】

前川 由佳
住友不動産販売

ニューヨークはマンハッタン、アップタウン内のエリア別の特徴をご紹介します。ニューヨークでどこに住むか迷ったら、ぜひ読んでみてください。

※文中の地名についている番号は、下のマップと対応している
※家賃の相場はそのときの状況によってかなり変動するため、あくまで一例として参考にしてほしい

マンハッタン住居エリアマップ

⑯アッパー・イーストサイド Upper East Side

南は59th St、北は96th Stのセントラル・パークの東側。
古くからの超高級住宅街で、五番街、Park Ave、Madison Aveには、ステータスのあるアメリカ人でも入居審査が非常に厳しいコープが連なる。美術館や伝統のあるプライベートスクールが多く、またパプリックスクールのレベルも高い。日本人が多く住むエリアは、レノックスヒル、カーネギーヒル、ヨークビルと呼ばれる、比較的新しい高層のコンドミニアムや賃貸ビルが建つエリアで、閑静な住宅地である。 

Madison Avenueは高級有名ブティックが並び、川沿いに向かうほど雰囲気は庶民的になるが、グルメマーケット、レストラン、ブティックが至るところにある。
72th St以北のYork Aveの周辺がヨークビルと呼ばれるエリアで、もとはドイツ、東欧系のコミュニティーがあり、現在もドイツ系やハンガリー系の人びとが経営する老舗のレストランや肉屋が数件残っている。

また86th Stの地下鉄の駅付近はH&M、Best Buyなどの大型チェーンが並び、大変活気がある。セカンドアベニューサブウェイの開通によってセカンドアベニューから東側が大変便利になっている。
 
ドアマン付ビルの1ベットルーム3,600ドル~

⑰アッパー・ウエストサイド Upper West Side

市民の憩いの場セントラル・パーク

59th Stと110th Stの間でセントラルパークの西側。
アッパー・イーストのWASP中心のコープを嫌った裕福なユダヤ人が住み始め、現在は芸術家、音楽家、ヤングエグゼクティブなど、アッパー・イーストより自由な雰囲気である。
90年代に入りコンドミニアムの建設ラッシュでリンカーンセンターの周辺のリンカーン・スクエアーのエリアはモダンな高層アパートが増えたが、72nd St以北はダコタハウスをはじめとした戦前の建物が多く、ヨーロッパ調の雰囲気がある。セントラルパーク、リバーサイドパークが隣接し、Columbus Ave、Amsterdam Ave、Broadway沿いには流行のレストランやカフェが並ぶ。
また、地下鉄がCentral Park WとBroadway沿いに2本走っているので、利便性と環境の良さ、ファッショナブルな点で大変人気が高く、物件は不足気味である。

ハドソン・リバー沿いの72nd Stから南側はドナルド・トランプが開発をした地域で、リバービューのコンドミニアムや賃貸ビルが建ち並び、公園、桟橋、自転車専用道路が整備され注目を集めているが、冬は北風が強い。

ドアマン付ビルの1ベッドルーム3,600ドル~

⑱ハーレム Harlem

125th Stを中心とするハーレムは、ウエスト・ハーレムとイースト・ハーレムに大別される。

ウエスト・ハーレムは、Starbucks、Whole Foods Market、Old Navy、H&Mなどのチェーンストアが次々に進出、急激に再開発が進み、ビル・クリントンがオフィスを構えたことも話題になった。周辺の環境は整備され、治安も良くなっている。アポロシアター周辺には観光客の姿も多く見かけられ、夜間でなければ危険な雰囲気はほとんどない。
ウエストインディアン系やアフリカ系アメリカ人が多く住み、近年はヤングクリエーター、アーティストや白人層も移り住んできているため、家賃は急激な上昇傾向にある。 

イースト・ハーレム(通称スパニッシュ・ハーレム)は、プエルトリコ人やコロンビア人などのヒスパニック系が多く暮らし、かつては危険地帯の代名詞だった。近年はTargetやCostcoなど、今までマンハッタンになかった人気大型チェーンストアの進出で注目されている。治安面でも改善されつつあり、ダウンタウンの高い家賃を避けて、若い白人の姿も見られるようになった。徐々に人気が上昇しているため、新しいコンドミニアムや賃貸ビルも次々に建設されており、家賃は決して安くはない。 

ドアマンなしビルの1ベッドルーム1,600ドル~

⑲ワシントン・ハイツ Washington Heights

⑱ハーレムの北に位置し、ハドソン・リバーとハーレム・リバーの間に広がる地域。
地下鉄の便もよく、優美な歴史的建造物や公園が近いなど、恵まれた環境にあるが、治安面ではまだ問題があり犯罪率も高いため、ハーレム地区よりも人気が落ちる。広々としたスペース、高い天井、ハドソンリバーやダウンタウンの眺望のすばらしさなど、高条件が揃う物件でも比較的安価な家賃で手に入れることが可能。スパニッシュ系、アフリカ系アメリカ人が多く住み、ドミニカ共和国の大きなコミュニティーも存在する。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム1,500ドル~

⑳ハドソンハイツ&インウッド Hudson Heights / Inwood

意外と知られていないのが、マンハッタンの最北端。
ハドソンハイツとインウッドは閑静な住宅街である。George Washington Bridgeの北側に位置し、Fort Tryon ParkとFort Washington Parkの公園に囲まれ、とくにFort Tryon Parkの南側、マンハッタン島でいちばん標高の高いハドソンハイツのエリアは、西にハドソン川とニュージャージーの森、南にミッドタウンの摩天楼を見渡すことができ、英国調チューダー様式の建物と周囲に残る自然がマンハッタンの喧騒を忘れさせてくれる。
90年代半ばからウエスト・ビレッジの家賃高騰を逃れて、音楽、劇場関係者や芸術家が多く移り住んで来たため、おしゃれなレストランやカフェなどが増え、現在の家賃高騰に繋がっている。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム1,600ドル~