ニューヨークで住まいを定める マンハッタン・ダウンタウン編


【監修】

山辺 亜紀
J.One 不動産

ニューヨークはマンハッタン、ダウンタウン内のエリア別の特徴をご紹介します。ニューヨークでどこに住むか迷ったら、ぜひ読んでみてください。

※文中の地名についている番号は、下のマップと対応している
※家賃の相場はそのときの状況によってかなり変動するため、あくまで一例として参考にしてほしい

マンハッタン住居エリアマップ

⑧イースト・ビレッジ East Village

南北はHouston Stから14th Stまで、東西は5th AveからAve A辺りまでのエリア。
学生が多く住んでいる。以前はひとりでは歩けなかったAve AやBも、今ではブティックやレストランなどができ、夜になると若者が大勢押し寄せて活気づく元気なエリアとなっている。日系のスーパーマーケットや日本食レストランも多く便利。コンディションの割にはNYUなどの高額な学費がかかる大学があることから家賃が高く、実際に居住している日本人は少ない地域といえる。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム2,700ドル〜

⑨ローワー・イーストサイド Lower East Side

かつてこの辺りはテナメントハウス(低所得者用共同住宅)と呼ばれ、その典型的な造りとしてウォークアップ(エレベーターなし)の6階建て、部屋は狭くバスタブがキッチンにあるといった建物が存在した。
しかしここ数年、アーティストや若い人たちが移り住み、注目のクラブやブティック、おしゃれなレストランなどができ、脚光を浴びている。その影響から家賃も大幅に高騰した地区ではあるが、マンハッタン内で掘り出し物の格安物件が出る確率が非常に高い地区でもある。治安や住環境は改善されつつあるが、暗くなってからイースト・リバー周辺を歩くのは避けた方が賢明だ。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム2,600ドル〜

⑩ノリータ Nolita

ショッピングスポットとしてすっかり有名になったノリータ。ノリータとはNorth of Little Italy、つまり!2リトル・イタリーの北に広がるエリアのこと。
かつてはイタリア系移民が住むテナメントハウス、肉屋、魚屋、ベーカリーなどが並ぶ庶民的な街だったが、今ではブティックやレストラン、バーがオープンし、すっかり様変わりした。古い建物は新しいビルへ建て直されたり改装されたりしており、現在マンハッタンでも有数の人気エリアである。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム3,400ドル〜

⑪ソーホー Soho

ソーホーとはHouston Stの南側(South of Houston)のこと。
もとは倉庫街だったところにアーティストが移り住み、住居を兼ねたアトリエへと改築したため、かつてはアートの街と呼ばれた。現在ではギャラリーのほか、おしゃれなブティック、レストランなどが建ち並び、週末ともなれば若者や旅行客でごった返す人気のエリアである。

人気とともに家賃も高騰し、最近ではセレブ、エグゼクティブクラスのビジネスマンなども多く住む。大きなグルメストアがあるほか、!2チャイナタウンやリトル・イタリーにも近く、食には不自由しないが、スーパーマーケットやクリーニング店などの生活関連の店は少ない。また、このエリアに暮らす駐在員家族も少ない。

ドアマンなしビルの1ベッドルーム3,500ドル〜

⑫リトル・イタリー/チャイナタウン Little Italy / Chinatown

かつては一大コミュニティーだったリトル・イタリーも、イタリア系のメインストリーム化と郊外流出で年々寂しくなり、今では、Mulberry St周辺のレストラン街だけがその面影を残している。

反対に年々その規模を拡張し、今やリトル・イタリーを呑み込むほどの勢いなのが、隣接するチャイナタウン。生鮮食品店、雑貨店、中華料理のレストランが軒を並べ、朝早くから活気に溢れている。多くの物件に中国系の人びとが居住しているため賃貸物件はあまり出てこないが、マンハッタン内で掘り出し物が出てくる最後の地域といえる。最近ではチャイナタウンの古い物件をおしゃれなロフトに改造することが流行してきており、その影響を受けて今後の家賃高騰が懸念される地域でもある。

スタジオ1,950~2,300ドル

⑬グリニッチ・ビレッジ(ウエスト・ビレッジ) Greenwich Village (West Village)

昔からアーティストや学生など、自由な雰囲気を求める人たちが好んで住むエリアだが、人気が高く物件は少ない。なかでも9th Stと12th St、6th AveとBroadwayに囲まれた地域はプライム・ビレッジと呼ばれ、古くからのタウンハウスが建ち並び、住みたがる人が後を絶たないが、物件が賃貸市場に出回るのは稀。
ちなみに人気ドラマ“Sex and the City”に登場したカップケーキ屋のマグノリア・ベーカリーはBleecker Stに、ここからPerry Stを入ったW. 4th Stとの角には、登場人物のキャリーの住居として撮影に使われたアパートがある。

また最近はユニオン・スクエア付近に人気が集まり、数少ないドアマン付きのアパートに需要が集中している。

ドアマン付きビルの1ベッドルーム4,500ドル〜

⑭トライベッカ Tribeca

トライベッカとは、Canal St南側の三角地帯(Triangle Below Canal)の意味だが、厳密にはCanal St、Murray St、Broadway、West Stに囲まれたエリアを指す。
もとは倉庫街で何もなかったところだが、有名レストランがいくつもオープンしたことにより急激に人気が出て、価格が高騰した。映画俳優やモデルなども多く住み、ロバート・デ・ニーロやジョン F. ケネディJr.もここの住人だったことは有名。倉庫を改造した大きなロフトを、アトリエやスタジオと兼ねて住居としているアーティストたちも多い。

また近年はハドソン・リバー沿いの広い区域の開発が進み、新しい賃貸マンションに人気が出てきている。
この数年、連続してドアマンなしの物件で賃料高騰の記録を打ち出している地区でもある。

ドアマン付きビルの1ベッドルーム4,700ドル〜

⑮バッテリー・パーク・シティー Battery Park City

バッテリー・パークや近年整備されたハドソン・リバー沿いの公園から望む自由の女神、エリス島、ニュージャージーなどの眺めが美しい。
職住接近型志向のローワー・マンハッタンで働く人たちには魅力的な街だ。緑色のユニフォームを着た警備員が常に巡回を怠らない安全なエリアでもある。住人たちのコミュニティー意識もしっかりしており、連帯感も強い。

また、公立学校の教育レベルも高くなってきている。South End Aveにはふたつのスーパーマーケット、薬局、酒屋、デリなどが入ったショッピングエリアがある。

ドアマン付きビルの1ベッドルーム4,200ドル〜