ニューヨークで住まいを定める ニュージャージー州中部編


【執筆】

長谷川 則夫
リロ・リダック

ニュージャージー州の中部のエリア別の特徴をご紹介します。ニューヨークまたはニュージャージーでどこに住むか迷ったら、ぜひ読んでみてください。

※文中の地名についている番号は、下のマップと対応している
※家賃の相場はそのときの状況によってかなり変動するため、あくまで一例として参考にしてほしい

ニュージャージー中部・フィラデルフィア住居エリアマップ

⑮プリンストン Princeton

ニュージャー州中部、プリンストン大学のある町。大学以外にも製薬メーカー、IT、化学関連の企業やプリンストン高等研究所など重要な機関がある。とくに、日系製薬メーカーや大手化粧品会社、IT企業がUS-1沿いにあるので、その周辺の町のWest Windsor Montgomery、Hopewell(Pennington)、などとともに多くの駐在員家族が居住している。  
東海岸第1と第2の都市であるマンハッタンとフィラデルフィアの両都市からほぼ同距離に位置しているため、電車や高速道路が発達し、両都市へのアクセスがよい。とくにマンハッタンまでは、ニュージャージー・トランジットのプリンストン・ジャンクション・ステーションからペン・ステーションまで直行電車で約1時間。また、プリンストンのダウンタウンからバスを利用する方法もある。  
日本食材を含むアジア系食材を置く食料品店、日本人業者による食材と鮮魚の宅配、プリンストン日本語補習学校もあることから、 ニュージャージー州では駐在員家族に人気がある。町の大部分は低層住宅で占められており、緑豊かな公園も多い。  
レンタル物件のタイプは、一戸建て、タウンハウス、コンドミニアム(アパート)などさまざま。

一戸建ては4ベッドルーム3,600ドル〜、タウンハウスは3ベッドルーム2,900ドル〜、2ベットルーム2,500〜、アパートメントは2ベッドルーム2,100ドル〜。