ニューヨークで住まいを定める ロングアイランド編


【監修】

山辺 亜紀
J.One 不動産

ニューヨークはナッソー(ロングアイランド)内のエリア別の特徴をご紹介します。ニューヨークでどこに住むか迷ったら、ぜひ読んでみてください。

※家賃の相場はそのときの状況によってかなり変動するため、あくまで一例として参考にしてほしい

クイーンズ・ブルックリン・ロングアイランド住居エリアマップ

グレート・ネック Great Neck

グレート・ネックは、LIRRのPort Washingtonラインがナッソー・カウンティーに入って最初の駅。対岸にすばらしいコネティカットの景色が広がる海辺の高級住宅地、キングス・ポイントをはじめ、ユダヤ系の人たちが裕福なコミュニティーを形成している。小説家スコット・フィッツジェラルドが住んでいた町として有名。教育レベルは高く、日系企業の社宅などもあり、空港関係者やメーカーなどの駐在員が住んでいる。駅の周辺には何軒かの日本食レストランもある。また、Northern State Pkwy Ex25の北、レイク・サクセスにも美しい住宅が並び、駐在員家族に人気があるエリアとなっている。
 マンハッタンへはLIRRで34 St-Penn
Stationまで急行で30分、各駅停車で35分。

1ベッドルーム2,000ドル〜
2ベッドルーム2,800ドル〜
一戸建て4,500ドル〜

ポート・ワシントン Port Washington

LIRRのPort Washingtonラインの終点。駅周辺は緑豊かな公園が点在する落ち着いた環境で、ロングアイランドでは日本人が最も多く住む町。一方、半島の北側サンズ・ポイントはグレート・ネックのキングス・ポイントと肩を並べる高級住宅地だが、駐在員家族は少ない。
さまざまな人種が集まっており、駅の周辺には日系の食材店、レストラン、美容室などもあり不自由のない生活が送れる。公立図書館の設備もよい。駅から少し離れた住宅地に手頃な価格の一戸建てや新築デュプレックス(賃貸を目的とした、一軒が二世帯用に分かれている住宅)などが増えてきている。空港関係者やメーカーの駐在員などが多い。LIRRで34 St-Penn Stationまで40分前後。

デュプレックス3,500〜5,000ドル
一戸建て4,500ドル〜

マンハセット Manhasset

マンハッタンよりLIRRのPort Washingtonラインで、Great Neckのひとつ先の駅。住人は白人系が多い。一戸建てが多く、駐在員家族などのエグゼクティブが好んで住む。
 駅の南、Northern Blvd沿いのモール、アメリカーナ・マンハセットには世界の一流ブランドが集まり、マンハッタンの五番街よりも早く新商品が並ぶ店もあるほど。これらの店は近くの超高級住宅地に住む人たちをターゲットにしたパイロットショップとなっている。
 公立学校のレベルは非常に高く、Shelter Rock SchoolとMunsey Park Schoolがある。ジョージ・ワシントン・ブリッジやフォート・リーまで比較的短時間で行けて便利。マンハッタンへは、バスか車で約50分から1時間強。

一戸建て4,500ドル〜

ガーデン・シティー Garden City

最寄り駅はLIRRのHempsteadラインGarden City、あるいはPort JeffersonラインMineola。34 St-Penn Stationまで約40分。一戸建てが多い、落ち着いた美しいエリアである。公立学校 のレベルも高い。ナッソー・カウンティーの地方行政機関(役所)もこの近辺に集中している。Old Country Rd沿いにはルーズベルト・フィールド・モールをはじめ数多くのショッピングセンターが並び、郊外型チェーン店のほとんどがこのエリアに出店しているので、買い物にも便利。  

一戸建て4,500ドル〜

ニュー・ハイド・パーク New Hide Park

ガーデン・シティーより、いくらか庶民的な町。LIRRのPort JeffersonラインNew Hyde Parkより、34 St-Penn Stationまで約35分。

一戸建て3,500ドル〜

サヤセット Syosset

Long Island Expwy Ex43の北側に位置し、ポート・ワシントンなどよりも新しくて手頃な家が多いため、近年、駐在員家族が著しく増えた町である。マンハッタンまでは少し遠いため、ロング・アイランド内にオフィスを持つ会社の駐在員が多い。
 LIRRのPort JeffersonラインSyossetから34 St-Penn Stationまで急行で45分、各駅停車で55分。

一戸建て2,500ドル〜