ニューヨークで住まいを定める フィラデルフィア編

ペンシルベニア州フィラデルフィアのエリア別の特徴をご紹介します。ペンシルベニア州フィラデルフィアでどこに住むか迷ったら、ぜひ読んでみてください。

※文中の地名についている番号は、下のマップと対応している
※家賃の相場はそのときの状況によってかなり変動するため、あくまで一例として参考にしてほしい

ニュージャージー中部・フィラデルフィア住居エリアマップ

⑯センター・シティー東部 Center City East

歴史の街、フィラデルフィアの象徴である自由の鐘や独立記念館があるほか、星条旗を初めて作ったベッツィー・ロスの家、アメリカ最古の住宅街エルフェス通りがあり、州外からの観光客はもちろん小学生の遠足などで1年中にぎわう。観光客を乗せるバスや馬車もある。さらに、トーマス・ジェファーソン病院、ウィルズアイ病院があり、病院関係者が多く住む。中華街や大型スーパー、日本語のカラオケ、居酒屋、ラーメン店もある。地下鉄、バスなどの公共交通機関が発達しているため、 車がなくても生活できるのもよい。賃貸物件の家賃は上昇傾向にある。

スタジオ1,500ドル〜、1ベッドルーム1,800ドル〜、2ベッドルーム2,300ドル〜。
アパート内の設備により値段が変わる。

⑰センター・シティー西部 Center City West

リッ 西部よりスクーキル川までの地域。ペンシルベニア大学、ドゥレキセル大学までは徒歩圏内のため、大学関係者が多く住む。SEPTAの地下鉄、バスが頻繁に走っているほか、自転車専用車線もあるので、車を所有せずに生活ができる。食料品、ドラッグストア、レストランなども多く、ラーメン屋も数店ある。また、日本人美容師もいる。ショッピング街ウォルナット通りは、ここ数年で高級ブランド店の入れ替わりが激しい。  
賃貸物件は、アパートの建設や改装などが多く、賃料はかなり上昇している。24時間セキュリティー付きの高層アパートが多い。  

スタジオ1,500ドル〜、1ベッドルーム1,800ドル〜、2ベッドルーム2,600ドル〜。

⑱センター・シティー美術館周辺 Center City-Philadelphia Museum

©️Bobak Ha’Eri 美術館前のロッキー像

美術館前のベンジャミン・フランクリン通り沿いに、博物館、図書館が多く建ち並ぶ地域。大通りは、独立記念日、感謝祭、元旦などの祝日になると歩行者天国となり、パレードやコンサート、出店でにぎわう。とくに独立記念日は美術館裏で花火が上がり、毎年多くの人が集まる。美術館前の長い階段は、映画「ロッキー」の舞台となったことで有名で、敷地前に建てられたロッキーの銅像近くでは、一緒にガッツポーズをして写真を撮る観光客で常にあふれている。スクーキル川やフェアマウント公園が徒歩圏内のため、都会にいながらも自然に触れ合う環境を求めてこの地域に住む人も多い。オーガニックのスーパーも新装され、日本の焼肉屋もある。 以前はセンター・シティーよりも少し安価だったのが、新築アパートの建設や改装により値段が上昇している。

スタジオ1,500ドル〜、1ベッドルーム1,600ドル〜、2ベッドルーム2,400ドル〜。

⑲メイン・ライン Main Line

フィラデルフィア中心部から北西に広がる郊外の閑静な住宅地。バラキンウッド、ナー バス、ウィンウッド、ブリンマーなどの小さい街を総称してメイン・ラインと呼ぶ。また、各街に電車の駅があり、センター・シティーまでの通勤に便利。環境、学校区が良く、公立の小中学校は州内で上位に位置する程教育レベルが高い。日本語補習校もあり、子どものいる駐在員家族が多く住む。子ども用遊具のある公園、公共図書館、公共プール、各種イベントなどもあり、子育てにもよい環境。大型病院も充実している。2017年には高級スーパーも進出し、日本人にはより生活しやすくなった。  
一軒家が多いが、駅近くに建てられているアパートは、築60年程度と少々古いが趣もあり、敷地内は自然にあふれているため、日本人家族に人気がある。  
家賃は上昇傾向だが、部屋内の設備により多少値段が変わる。一軒家の場合は、家の広さや内装により値段が変わる。

スタジオ1,100ドル〜、1ベッドルーム1,400ドル〜、2ベッドルーム1,700ドル〜。
一軒家の3ベッドルームで1,800ドル〜、4ベッドルームで2,200ドル〜。

⑳ウェイン Wayne

メイン・ライン地域より西部に位置し、レストラン、映画館、カフェなどが密集している街。 環境、学校区がよく、駐在員家族ももちろんだが、アメリカ人が好む地域でもある。ファーマーズマーケットやモールもあり、週末は家族連れでにぎわう。また、東海岸最大のショッピングセンター「キング・オブ・プルシア・モール」 が近くにあり、クリスマスシーズンには駐車場がいっぱいになる。また2017年には、レストラ ンを中心にした屋外タウンセンターもオープンし、昼間は会社員、週末は家族連れでにぎわう。  
築50年以上の一軒家も多いが、築20年程度のタウンハウスが多いのもこの地域の特徴。タウンハウスの多い地域は、別名チェスターブルックとも名付けられていて、とくにアジア人には人気がある。敷地内に、散歩道、プールやテニスコートも備え付けられている。賃貸の場合、タウンハウスが日本人には好まれる。

2ベッドルーム1,500ドル〜、3ベッドルーム2,200ドル〜。
一軒家の4ベッドルーム2,500 ドル〜。ただし、家の広さや状態によりそれ以上の物件も多い。

㉑メディア Media

㉒ニュータウン・スクエア Newtown Square

小さいながらも新旧混合し、活気があふれるエリア。メディア中心部のステート通りでは路面電車が今も走り、情緒あふれる街並み。 また、多国籍レストランやショッピングモールへ徒歩で行くことができる。ローズツリー公園にある屋外ステージでは、夏には各種イベントが行われ、家族連れが楽しめるよう工夫されている。1927年に建てられた劇場が今なお使用されており、ジャズライブやミュージカルなどの催しも随時行われている。ニュータウン・スクエア周辺の大通りにはショッピングモールが数多くあり、車さえあれば生活も便利。高速入り口も近く、フィラデルフィア市内へも電車で45分程。周辺の環境や学区もよい。  
一軒家やタウンハウスは、比較的築年数の浅いものから、築20~50年程のものまである。

一軒家の3ベッドルーム1,800ドル〜、4ベッドルーム2,200ドル〜。
家の大きさ、綺麗さなどにより、値段の幅は広い。

㉓ランズデール Landsdale

フィラデルフィア中心部から車で1時間ほどの閑静な住宅街。アジア人が多いため韓国語や中国語の看板が散見されるほか、学区内でのアジア人比率は20%弱である。ただ、ランズデールの中心は学区内の生徒数が多すぎるため、周辺にある小さな学校区の方が好まれる傾向がある。アジア系の大型スーパーやレストランも多く、駐在員家族にとっては生活しやすい。 レストラン、ショッピングセンター、映画館が大通り309号線沿いに充実している。  
一軒家もあるが、築30年程度の新しいタウンハウスが多いのがこの地域の特徴。

1ベッドルームのアパートで1,500ドル〜、2ベッドルームで1,700ドル〜、3ベッドルームのタウンハウスで2,200ドル〜。
4ベッドルームの一軒家は2,500ドル〜。 大きさや内装のきれいさなどで値段は変わる。

㉔エクストン Exton

30号線と100号線が交わる交差点を中心に広がる街。この交差点には、チェスター郡を代表する大型屋外モールがあり、常に多くの人でにぎわう。田舎ながらも小さなモールが点在しており、アジア系食品を扱うスーパーもある。 フィラデルフィア市内からは車で1時間強と距離があるものの、SEPTAの電車が走っているほか、高速の入り口が近いため移動も便利。環境も学区もよい。新築、あるいは築年数の浅い一軒家、タウンハウスが多い。

アパートの2ベッドルーム1,700ドル〜。タウンハウスの3ベッドルーム2,000ドル〜。一軒家の4ベッドルーム2,500ドル〜。
ただし、築年数などの条件により値段はかなり変わる。

㉕チャッズフォード Chaddsford

農園、庭園、馬場、石造りの納屋が多く、大自然が広がる閑静な住宅地。地元独自のワイン工場があることでも有名。また、1,000エーカー以上ある植物園もあり、クリスマス時期のライトアップは美しく、観光客が多く訪れる。1777年のアメリカ独立戦争時に使用された50エーカーを超える敷地を有するブランディーワイン戦闘歴史公園も保存されている。また、地元出身のアンドリュー・ウェイ氏の絵画作品を集めたブランディーワイン川美術館には多くの人が訪れる。学校区、環境ともに優れており、近隣の州にも近いことから、メリーランド州やニュージャージー州まで通勤する人も多い。子どもが自然と触れ合うイベントも多く、町内はアットホームな雰囲気がある。ただし賃貸物件の数は少ない。

2ベッドルーム1,600ドル〜、3ベッドルーム2,200ドル〜。一軒家は2,800ドル〜。農園のような大きな貸家も多い。

㉖カレッジビル Collegeville

閑静な住宅街。1869年に設立されたアーサイナス大学があることで有名。また、歴史建造物として登録されているパーキオミン橋、パーキオミン・ホテルがある。週末には渓谷沿いの遊歩道からの景色を楽しむ住人でにぎわう。またモールも点在し、高速422号線へのアクセスもよく、買い物や移動も便利。学区もよく、小さな子どものいる家族が多く住む。築年数の浅い一軒家、タウンハウスが多いのが特徴。綺麗でモダンなため、駐在員家族には好まれる。

タウンハウスの3ベッドルーム1,800ドル〜。
一軒家の4ベッドルーム2,000ドル〜。