アメリカでの結婚の手続き

アメリカでの結婚の手続き手順

結婚によってビザステータスに影響が出る場合は、事前に弁護士に確認すること。
なお、米国軍人や駐留軍人との結婚の手続きは下記と異なる。
結婚に関する法律は、州やカウンティーによって異なるので、詳細は管轄の事務局に問い合わせを。

1、結婚許可証の申請

両親または保護者の許可なしに結婚できる年齢は18歳以上。

まず、当事者ふたりが管轄の事務局に出向き、結婚許可証(Marriage License)の申請を行う。
ニューヨーク州では、18歳以上の場合はオンラインでの申請も可。申請者はその州の居住者である必要はないが、結婚許可証は州内でのみ有効となる。

なお、ニューヨーク州では2011年に同性婚が正式に可決、2015年6月には合衆国最高裁判所にて、すべての州での同性結婚を認める判決が可決され、これによりアメリカ国内において同性婚のカップルは異性婚と平等の権利を得ることになった。

2、必要書類の提出・申請費用の支払い

申請する際には、パスポートや運転免許証など身分が証明できる書類を持参する。離婚歴がある人は、離婚証明書も必要。
申請費用は30〜40ドル程度で、州やカウンティーによって異なる。支払いには現金や小切手が使えない場合があるので事前に確認を。

3、 結婚許可証の取得

書類に不備や問題がなければ、その場で結婚許可証が発行される。
ニューヨーク州で取得した場合、許可証が有効となるのは発行時より24時間後で、有効期間は60日間。オンラインの場合は21日間。
コネティカット州の場合は発行と同時に有効となり、有効期間は65日間。

4、結婚式を挙げる

結婚許可証の有効期間内に、結婚式(Marriage Ceremony)を行う。その際、18歳以上の証人が最低1名必要。

婚姻証明書の取得

挙式後、式を執り行った人(治安判事や牧師、神父など、法律によって司祭者として認可されている人)が結婚許可証を事務局に提出し、婚姻が登録され婚姻証明書(Marriage Certificate)が取得できる。

結婚に関する情報について

主な事務局

  • ニューヨーク市内
    141 Worth St (bet Centre & Baxter Sts)
    Tel (212) 669-2400 月〜金 8:30-15:45
  • ブルックリン
    210 Joralemon St, Suite 205, Brooklyn, NY
  • クイーンズ
    120-55 Queens Blvd, Suite 100 Kew Gardens, NY
  • ブロンクス
    851 Grand Concourse, Suite B131 Bronx, NY
  • スタテン島
    10 Richmond Terrace, Suite 311 Staten Island, NY

ニューヨーク市の婚姻証明書 (Marriage Certificate)

結婚許可証の取得

州名

結婚できる年齢 申請費用(1組) 発行から法的効力が施行されるまでの時間

結婚許可証の有効期限

申請に必要な書類

New York

18歳

市内:35ドル

市外:40ドル

24時間

60日間

・出生証明書など年齢を証明する書類1点

・運転免許証、パスポートなどの身分証明書1点

Connecticut

18歳

30ドル

即時

65日間

・ソーシャル・セキュリティー・ナンバー

・出生証明書・運転免許証・パスポートなどの身分証明書1点