CATEGORY 出発前に知っておきたい 基本情報

各種 手続き・ライフイベント

アメリカで生まれた子どもの日本国籍に関する各種手続き

◁アメリカの国籍に関する手続きはこちら 日本は「父母両系血統主義」。子どもが生まれたときに、親のどちらかが日本人であれば日本国籍を取得できる。一方アメリカは「出生地主義」のため、子どもがアメリカで生まれると、その子どもはアメリカ国籍を取得でき、アメリカと日本の二重国籍が取得できる。 日本国籍のほかに外国国籍を持つ「重国籍」の場合、日本の法律では、子どもの日本国籍を失わせないため、生まれてから3ヵ月以内に提出する出生届に「日本国籍を留保する意思表示」をしなければならないとしている。 この手続きがきちんと行われていないと、出生時にさかのぼって日本国籍を喪失することになるため注意が必要。また重国籍の子どもは、22才までにいずれかの国籍を選択することとされている。 出生届を提出してから約1~2ヵ月で両親の本籍に子どもの名前が登録される。パスポートの申請をするときは、本籍のある市区町村の役所から、戸籍謄本(抄本)を取り寄せることになる。 日本への出生届 下記書類を管轄の領事館あてに直接または郵送にて届け出る。 日本の本籍地役場に郵送することもできる。 必要書類 出生届 2通(総領事館備え付け。郵送も可) 出生登録証明書、または医師が作成した出生証明書 原本1通、コピー1通 (ただし、父親または母親が戸籍の筆頭者でない場合、または母親の従前の本籍と異なる市町村に本籍を設ける場合は、各3通) 出生証明書の和訳文 2通(翻訳者を明記すること)※出生登録証明書などには、子どもの氏名、性別、出生年月日と時間(現地時間で時分まで)、出生場所(国、州、郡、市町村名、通り、番地を含む住所。病院で出産した場合は病院名も)、父母の氏名を記載 日本のパスポートの取得 各管轄の領事館へ出向き申請する。 未成年者(20歳未満)は、5年間有効のパスポートに限り申請可能で、新生児でも単独のパスポートを取得する必要がある。 申請は、親が子どもに代わって行う。ただし、パスポート受け取りの際は、たとえ新生児であってもパスポートの名義人本人が両親そろって領事館に出向かなければならない。 パスポートは約1週間後に交付される。また、指定の遠隔地に在住の場合は、郵送による仮申請や、管轄領事館の領事出張サービス、即日発給サービスの利用も可能。 必要書類、日程を含む詳細は、各管轄の領事館のウェブサイトを参照のこと。 在ニューヨーク日本国総領事館

各種 手続き・ライフイベント

アメリカのクレジットカード

クレジットカードは、アメリカで最も多く利用される決済ツール。 アメリカでクレジットカードを作る場合、収入や資産などの審査基準は日本と比べて随分厳しく、仕組みや価値も大きく異なる。 このクレジットカードがなければ、ローン審査時の金利への影響や、住居の賃貸など、生活に大きな影響を与えるもので、単なる決済ツールとしての側面以上に、個人のステータスを表す重要なIDだといえる。 アメリカでのクレジットカードの作り方 アメリカでクレジットカードを作る際に必要なのが、「クレジットヒストリー」と呼ばれるもの。クレジットヒストリーとは、「支払い情報」のことで、いかに「支払うべきお金を期限に遅れることなく、正確に返済をしているかどうか」の履歴、言い換えれば「借金の返済履歴」である。 そして、クレジットヒストリーをもとに算出される「クレジットスコア」の高低(良し悪し)を、銀行あるいはクレジット会社が精査したうえで、クレジットカード発行の可否が決められる。クレジットヒストリーは、アメリカで構築されたものが必要で、いくら日本で良好なヒストリーがあっても、アメリカでは通用しない。 このクレジットヒストリーを構築するために必要なのが、ソーシャル・セキュリティー・ナンバーと「クレジットカード」である。 つまり、「クレジットカード」を作るには「クレジットヒストリー」が必要で、「クレジットヒストリー」を構築するには「クレジットカード」が必要という矛盾した仕組みが成り立つ。 以下に、クレジットカードなしでヒストリーを築く方法を説明する。 ただし大手クレジット会社は、銀行と提携して口座開設を条件にカードを発行したり、学生向けに特別条件を設定している場合もあるので、まずは各機関に問い合わせよう。 セキュアード(クレジット)カード クレジットカード作成において最も確実で、金融機関から勧められるのが、この「セキュアード(クレジット)カード」。セキュアードとは「安全な(Secured)」という意味で、このカードは安全なクレジットカード、つまりデフォルト(回収不能に陥ることのない)・クレジットカードのこと。 このカードを作るときには、口座に一定額以上の金額をデポジットとして入れておき、カードの支払いが滞った場合は、このデポジットが「抵当」の役割を果たし、必要額が回収される。デビットカードとの違いは、入金しているデポジットが直接使われるわけではなく、クレジットカードのように支払額が溜まり、一定期間後に一括請求される仕組みになっているということだ。 セキュアード(クレジット)カードは、あくまで通常のクレジットカードを獲得するまでの前段階であり、各機関によって差はあるが、通常半年から1年半程でクレジットカードへの切り替えが可能になると言われている。 日系クレジットカード会社 下記の日系クレジットカード会社では、アメリカでのクレジットヒストリーはないが日本での履歴がある人のために、ドル決済のクレジットカードを発行しており、クレジットヒストリーも構築される。 ANAカード U.S.A. Tel (800) 726-5558 JAL USAカード Tel (877) 443-5587 JCBカード Tel (800) FON4JCB (366-4522) プレミオ・カード Premio Card Tel (800) 947-2030 日本語が通じるクレジットカード・プロセッシング会社 U.S. バンクカード U.S. Bankcard Tel (888) 525-8558

各種 手続き・ライフイベント

アメリカの小切手(チェック)

日本と異なり、アメリカでは、家賃や光熱費などの支払いに小切手が広く利用されている。 小切手は郵送することができるため、支払先にわざわざ出向く必要がなくなる。また、食料品店やデパートなどでの買い物の際にも現金の代わりに利用でき、アメリカでは使用頻度の高い決済ツールである。 個人小切手 Personal Check 銀行で当座預金口座を開設すると手に入る小切手。 支払先と金額、口座を開いた本人のサインを記入すれば、現金と同様に使うことができる。支払った金額は、後日、銀行の当座預金口座から引き落とされる。 銀行はさまざまなデザインの小切手を用意しているので、自分の好きなものを注文することもできる。口座開設時に数冊付いてくる。 小切手(パーソナルチェック)の発行の仕方 小切手の発行には、次の要件を満たすことが必要である。 小切手発行日(月/日/年)の記入 支払い先の記入(英字で) 支払い金額の記入 署名(サイン) ※署名(サイン)は口座開設時に登録した署名と同じ署名で行うこと。万が一、署名の照合ができない場合は不渡りとなり、銀行によっては手数料が課せられてしまうので注意。銀行窓口でサインの変更手続きをすることも可能 ※口座番号が書かれた小切手に自分で大きく“VOID”(無効)と書いたものをVoidチェックという。自動口座引き落としの手続きの際などに、Voidチェックの提出を求められることがある 支払い保証小切手 Certified Check 銀行によって支払いが保証された個人小切手。 車や不動産などの高額の取引の際には個人小切手では信用度が低いため、支払い保証小切手がよく使われる。利用の際は銀行の窓口へ直接出向き発行してもらう。 手数料は5〜10ドル程度。

各種 手続き・ライフイベント

アメリカの銀行(バンク)

銀行の口座を開く際は、FDIC(Federal Deposit Insurance Corporation)と呼ばれる連邦預金保険公社に加入している銀行を選ぶこと。 通常、銀行の入口にFDICメンバーのステッカーが貼ってある。この保険の目的は預金者を保護することにあり、預金している銀行が倒産した場合でも、各種預金残高の一定額が補償される。 アメリカの主な銀行 バンク・オブ・アメリカ Bank of America Tel (800) 432-1000 チェイス Chase Tel (800) 935-9935 シティバンク Citi Tel (800) 374-9700 TDバンク TD Bank Tel (888) 751-9000 ウェルス・ファーゴ Wells Fargo Tel (800) 869-3557 ユニオンバンク UnionBank Tel (888) 507-7669 ※電話をする際に「Could I have a Japanese translator? (日本語の通訳を付けていただけますか)」と言えば、日本語の通訳を介して会話ができる 銀行口座の開き方 銀行口座の開設には、ソーシャル・セキュリティー・ナンバーと、身分証明書(運転免許証やパスポート)、住所が証明できるもの(公共料金の請求書など)が必要となる。 開設の際に使用した関係書類などは大切に保管すること。 とくにデビットカードの暗証番号(一般的にはPersonal Identification Number=PINと呼ばれる)は口外しないこと。銀行員がこの番号を尋ねることは絶対にない。 銀行口座の種類と特徴 普通預金口座 Saving Account 日本の普通預金口座と同様、出し入れ自由の口座。毎月若干の利息が付くが、小切手の振り出しはできない。 当座預金口座 Checking Account 小切手やATMを利用するために必要となる口座。当座預金口座には、利子の付くものは少ない。 定期預金口座 Certificate…

各種 手続き・ライフイベント

アメリカの現金(キャッシュ)

アメリカでは、治安上の問題などから多額の現金を持ち歩く習慣があまりなく、クレジットカードや小切手での支払いが一般化している。しかし、小額の買い物や飲食、バーでお酒を飲む際にはクレジットカードが使えない場合もあるので注意したい。 アメリカの紙幣(ビル) 紙幣には1、2、5、10、20、50、100ドルがある。 ただし、2ドル札は現在ほとんど流通していない。また、50、100ドル札は店によっては受け付けないところもあり、あまり利用されていない。2013年より、偽造防止のための3Dセキュリティーリボンなどをあしらった、100ドル札が発行された。 アメリカの硬貨(コイン) 硬貨は、それぞれ特徴付けられた名前で呼ばれている。1セント(ペニー)、5セント(ニッケル)、10セント(ダイム)、25セント(クォーター)、50セント(ハーフダラー)、1ドル(ダラーコイン)の6種類。 アメリカ50州25セント硬貨 アメリカ各州を象徴する絵柄が描かれた25セント硬貨が1999年から2008年にかけて発行された。この硬貨はステート・クウォーターの愛称で知られている。 2009年には、DCなど50州以外の6地域の硬貨が追加され、さらに2010年から新シリーズの「州立公園」が登場し、毎年5枚ずつ新しいデザインが発表されている。